人生最大の厄災

久しぶりの更新です。実は2度にわたる手術で1か月以上入院していました。最初は定期健診で腹部に腫瘍が見つかり、摘出手術しました。幸い癌ではなく良性のコブで術後の措置も軽かったのですが、穴に腸が嵌り込んで腸閉塞になってしまいました。それも絞扼性で命にかかわるということで、激痛で気を失いそうになりながら緊急で再び手術。今度はイレウス管が鼻から腸にまで入って減圧し続け、3週間の絶飲食で10kg以上痩せて骨と皮だけになってしまいました。

今月に入ってようやく退院しましたが、2回もお腹を切って特に腸閉塞の措置でずっとチューブにつながれていたダメージは大きく、体中の機能が衰えてしまっていました。最近やっと声を出せて嚥下もできるようになりましたが、まだまだ傷は痛むし完全回復するには半年以上かかるようです。

健康には人一倍気を付けていただけに今回の件は地味にショックです。でも通常の健診ではしないようなあらゆる検査をしたおかげで、癌とか動脈瘤とか他の病気は一切ないことが分かりました。ある意味では健康体です。

折しもリモートワークが主体の風潮、入院中はノートPCでお仕事、今は午前中だけ出社して午後は自宅で作業です。幸いというかコロナ過で引き合いも減っているし展示会も軒並み中止なので、今年はゆっくりのんびり進めます。

まだ食事制限があるので、栄養補助食品の差し入れが助かっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました