本文へスキップ

加温・熱制御のスペシャリスト

低酸素インキュベータ「CH-070A」  It's NEW!

低酸素環境でのライブセル観察

【基本構成】

当社製品の顕微鏡インキュベータに酸素濃度も制御できるタイプが新登場しました。窒素ガスを使わず超小型なチャンバーでハイポキシア培養を実現します。

    

培養チャンバーはウェルプレートと同じサイズなので顕微鏡のプレートホルダにすっぽり嵌ります。従来は困難だった低酸素環境でのライブセル観察を簡便に実施できます。


低酸素ガスを生成するガスリザーブ方式

制御装置の中にはガスを調整する予備室(ガスリザーバー)があります。そこに脱酸素剤を入れて低酸素ガスを生成させ、チャンバー内を循環させることで低酸素環境を実現します。
従来の窒素ガスを用いての相対的な低酸素調節に比べて非常に簡便でランニングコストも低価格です。予備室には常に低酸素ガスが充満している状態なので、培地交換などで一時的に蓋を開口した後でも素早く本の濃度に復帰します。

 
 

バナースペース