低酸素インキュベータ 新章へ

低酸素インキュベータを共同研究先に提供して1ヵ月。どうにか使いこなしていただけているようで実験成果も少しづつ上がっています。しかし天蓋をネジで締めるのがどうにも使いづらくて難儀しているとのこと。ですよね~。それを承知していただく条件で市場に先んじて提供しているものの、均一に締めるのは思ったより難しくて低酸素ガスがリークする問題にもなっています。

しかししかしガチャコンと一発で締められるカンチレバー式、だいぶ仕上がってきたけど密閉度が商品レベルにはまだ届かなかった、けど、日々是精進(ブラスト社の社是)の賜物で現時刻をもって酸素濃度0.3%の7日間維持を達成しました!aplouse!aplouse!aplouse!

Hypoxia Incubator
メカ感強めのカンチレバー式低酸素培養チャンバー

これでもはや旧仕様になってしまったネジ式開閉機構は確かに機能性能こそ問題ないけど、ネジで締めるという前時代的なアナログ機構を商品でございと言うにはどうにも憚られ、プロモーションも恐る恐るでサッと紹介するだけでした。でも新しいカンチレバー式なら自信をもって送り出せるので、これからはブラスト一番の”推しモノ”として派手に打ち上げていきます。

市場リリースに際しての課題は制御基板が一つ一つ手作り的な工芸品なので、型を起こして量産に備えます。技術的な課題ではないのでそこはお金で解決。イケルとわかれば太っ腹にもなれますね。9月に入ると学会シーズンで附設展示会も併催されるのでそこを目指していざ鎌倉!(へは行かないけど)。

タイトルとURLをコピーしました