本文へスキップ

加温・熱制御のスペシャリスト

遠赤外線カーボンヒーターPANEL UNIT HEATER

小動物保温装置

【構成】

・箱型乾燥装置の筺体を樹脂製にしました。軽量で持ち運びしやすく、積み重ねての使用もできます。
・側面に開口部を広く取って庫内アクセスを良好にしました。開口扉は透明で庫内を観察しながら加温できます。
・マウスなどの小動物を保温・加温します。生体に負担をかけることなく温度を管理することができます。

   カーボンヒーター小動物保温装置温度制御装置      

【仕様】

      チラー

・加温ボックス
   最大定格:AC100V300W(150Wカーボンヒーターを天面と底面に貼付)
   最大温度   :100℃(ヒーター表面)
   筐体材質   :樹脂
   庫内換気   :循環用シロッコファン×1、排気用ファン×1
   ※天面と側面が大きく開きますので、アクセス性は良好です。
   ※扉は透明なので、保温中でも内部を確認できます。
・温度制御装置
   設定温度   :常温〜100℃
   制御対象   :上側ヒーター表面温度
   制御方式   :ON-OFF制御
   過温防止   :100℃(サーモスタット)


輻射による加温

生体にやさしい加温

・通常、内部の温度を効率よく上昇させるには、密閉して雰囲気温度とともにヒーター温度を上昇させます。しかし体温調節を行う生体にとっては熱が伝わりすぎてしまい、生体への負担が大きくなりがちです。
・ブラスト社の装置では、排気ファンによって庫内の雰囲気温度を一定以下に抑え、遠赤外線の輻射率が高いカーボンヒーターを使用することにより、高効率な輻射伝熱によって生体へ無理なく熱を伝えます。

   
   伝熱レイアウト    伝熱レイアウト
       通常の小動物用保温装置           ブラスト社の小動物保温装置

バナースペース